サッカー観戦でストレス解消

私のストレス解消法はサッカー観戦です。

サッカーはもともと好きで、小学校5年生のころからサッカーを実際に始めました。

少年団に入り小学校の頃熱中しました。

それから地元にアルビレックス新潟があったこともあり、サッカー観戦で地元のチームを応援するのが好きになりました。

私がサッカー観戦を始めたのはこういうきっかけでした。

始めのうちは自分がプレーするための参考にと思い、試合観戦をしていました。

こういう時はこういうプレーをしたらよいのかなど色々と勉強するために試合を見ていました。
体の鍛え方なども参考にしました。

自宅で体を鍛えるために、ダンベルやチューブを買ったりして鍛えていまいした。

しかし、高校の2年生の時にサッカー部をやめてからはそういう目線で見ることはなくなりました。

それからは応援というかたちで試合を見に行きました。

応援をしていると、大声を出したりしてストレス発散、解消になります。

大声を出すことでストレス解消に気付いたのは日本代表の試合を埼玉スタジアム2002に見ていって、かなり大きな応援団を見たことであこがれ応援に熱中しました。

どこが面白いかというと、みんなで大きな声を出しながら一つの勝ちに向かってチームを応援するという団結感が応援していてかっこいいと思うようになりました。

これからも仕事のストレスなどもこのストレス解消法で乗り切りたいです。

NBA観戦をしてストレス解消してます。

NBA観戦をしてストレス解消してます。

本日の試合予定をみて勝つチームを予想して全力で予想チームを応援してます。

好きなチーム、好きな選手が活躍すると嬉しくなり嫌だったことなど忘れてしまいます。

NBAのプレーは日本のbリーグのプレーと違って豪快かつ綺麗で見るだけで時間を嫌だったことを忘れてしまいます。
観戦するときは、おしゃれにロバー腕時計をしながらテンションを上げています。

またアメリカということで観客のノリもよく休憩中も楽しませてくれます。

いまNBAはプレーオフ中で現役最強といわれるレブロン・ジェームズ率いる前年度王者クリーブランド・キャバリアーズをどのチームが倒すかで盛り上がってます。

プレーオフは東、西あわせて8チームしか出場できないので見始めるにはちょうどいいです。

またプレーオフだと選手は1段階ギアをあげてレギュラーシーズンより素晴らしいプレーを見せてくれるのでほんとに楽しいです。

最新はカンファレンスファイナルで東と西の王者を決める戦いをしていてものすごくあついです。

東は身長176cmのアイザイア・トーマスが現役最強のレブロン・ジェームズにどう立ち向かっていくのかがみものです。

西は現役最高のシューター、ステファン・カリーが20シーズン連続でプレーオフ出場している常勝集団、サンアントニオ・スパーズにどう立ち向かうのかがみものです。

面白いのでみなさんも是非みてください。

ストレスもしっかり解消できますよ。

私のストレス解消法は、ガーデニング・食事・お酒

私のストレス解消法の一番は、ガーデニングです。

日頃がPCに一日中向かっている仕事をしいてるので、太陽の下軽く汗をかきながら作業をするのは気持ちいいです。

土の感触は不思議と心を癒してくれます。

ガーデニングは素晴らしい趣味だとおもいます。

植える苗や花を選ぶ楽しみ。

育てる楽しみ。

見事に咲いた花を鑑賞したり、収穫して食べたりする楽しみ。

さらには、それを他の人に分けてあげる楽しみ。

お金もあんまりかからないし、素晴らしいストレス解消法だと思います。

もう一つは食事です。

やっぱりおいしいものを食べると気分が上がります。

それから、料理を作る事も気分転換になってストレス解消になります。

やはり食べる事は何だかんだで全ての基本なんだなと思います。

おいしいものを食べたら、やっぱり一緒にお酒です。

私は基本的にOK。

ビール・焼酎・日本酒・ウィスキー何でもOKです。

飲んでると確かにイヤな事はその時は忘れますが、飲みすぎると次の日後悔する事になりますね。

それから、年と共にすぐに眠くなってしまう様になりました。

家では、気付かないうちに眠って、ソファーで早朝目を覚ましたり。

それくらいはまだいいですが、外で飲んでいて、電車を乗り過ごしてしまったり。

この前はあやうく帰りの電車がなくなって帰れなくなる所でした。

ほどほどにしておかないといけませんね。

私のストレス解消法は旅と温泉に食べ歩き

私のストレス解消法はずばり旅行に行ってその土地の美味しいものを食べて温泉巡りです。

日々日常生活の中ではなかなかストレスと言うものの存在も疲れたのか溜まったのか自分自身でも気づきはしてもその対策や解消が出来ないのが現実です。

毎日の体の肉体的な疲れは良く眠れば何とかなるように思いますが、精神的な疲れは自分自身でもどこまでかわからないのが正直なところですがその精神的な疲れをとるには日常生活の現実から逃避するような行動をとらないと芯からリフレッシュが出来ないと考えているので私は旅に出かけます。

その旅も観光地や人混みの多い場所を選ばず、休暇日数とどこへ行きたいのかだけ決めて家を出発します。

ある意味行き当たりばったりの旅です。

旅の宿も決めずに、ふらりと訪れた旅先でその街の雰囲気と心地よく感じるかでその日の宿を決めます。

その訪れた街が気にいれば、そこからが食べ物探しのグルメ旅。

お金を贅沢にかけて良い食材を求めるのは間違いない面もありますが、それではわざわざ旅をしなくても日常生活の中でもそれなりの対価を支払えば何とか調達は可能ですが、旅の楽しみでもある醍醐味はやはり自分の感性と五感をフルに活用してこそ楽しみでもあるのです。

そして、そんな食材を見つけて堪能すると後は温泉。

こんな楽しみを休暇の中で楽しむことが出来るのが、私の日々のストレス解消法と考えていてもう何年も続けています。

それの影響か、今では旅と食べ歩きと温泉巡りの為に仕事をこなしているような考え方になり、本当にストレス解消法なのか自問自答するようなことも多々ありますが私のストレス解消法はずばりこの方法です。

PAGE TOP ↑